公演詳細

主催公演

劇場20周年記念公演
桂米團治 春秋座特別公演

今年の「おぺらくご」は《ドン・ジョヴァンニ》!

上方落語界の重鎮で米朝事務所の社長も務める桂米團治の特別公演。2014年に始まり2018年から3年ぶり第6回目の春秋座公演を行います。
1部では上方古典落語をきっちり口演し、2部は落語とオペラが合体した摩訶不思議なコラボ、米團治十八番の「おぺらくご」の上演。米團治が大阪弁で何役もこなし、京都フィルハーモニー室内合奏団の選抜メンバーによる演奏とオペラ歌手も出演し、春秋座ならではの歌舞伎舞台機構を駆使してお見せします。
今回の演目は、2015年に行った《ドン・ジョヴァンニ》(モーツァルト作曲)をさらに磨きをかけてお送りします。3時間のオペラが50分前後の落語に転化し、分かりやすくて抱腹絶倒の米團治の名人芸をお楽しみ下さい。女たらしのドン・ジョヴァンニが放蕩の末、最後は奈落の底へ…スペクタクルなクライマックスを是非お見逃し無く!

歌舞伎劇場で「おぺらくご」
春秋座は歌舞伎役者の三代目市川猿之助(現二代目市川猿翁)が、大学から芸術発信のために設計した歌舞伎劇場で、現在、四代目猿之助が芸術監督を務めています。米團治は三代目、四代目両者とも共演の経験があり、歌舞伎様式を備えた春秋座で「おぺらくご」を行うことは大変意義のある企画と捉えています。そもそもオペラと落語、それに歌舞伎も和洋文化は違えども、時代は同じ18 世紀(江戸時代)に大流行。歌舞伎様式の劇場で落語+おぺら+歌舞伎の三者がみごとに融合した、春秋座ならではの「おぺらくご」は、ここでしか観られない貴重な公演です。放蕩者ドン・ジョヴァンニの結末は如何に!スペクタクルな舞台機構が大詰めを盛り上げます。肩の力を抜いて思う存分お楽しみ下さい。

桂米團治
昭和53年8月、父である桂米朝に入門。
落語家でありながら、ミュージカルやクラシック音楽に凝っていて、特にモーツァルト熱は重症で、自分をモーツァルトの生まれ変わりだと信じています。幅広い趣味を謳歌しつつも、古典落語に対しては純粋な心で向き合っています。「王道を見失わずに歩む」のが信条。上方の華やぎを大切に落語のさらなる繁栄を願って、今日も落語に邁進します。

 
公演情報
2021年6月5日(土)14:00
※開場は開演の45分前
会場:春秋座
_
1部 落語会

桂米團治
桂米輝

2部 おぺらくご
『ドン・ジョヴァンニ』 モーツァルト作曲
桂米團治
出演:四方典子(ソプラノ) 西村薫(メゾソプラノ) 水口健司(テナー)
演奏:京都フィルハーモニー室内合奏団

▽過去のインタビュー、対談も併せてお読みください



桂米團治×木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)



 
チケット情報
全席指定

※チケット発売日(4/13、14)は、チケットセンター窓口での販売はいたしません。
オンラインチケットストアをご利用いただくか、お電話(075-791-8240)にてお申込みください。
一般発売  4月14日(水)10:00
友の会先行発売  4月13日(火)10:00
※友の会先行発売は、4月5日(月)までのご入会でご利用いただけます。ご入会方法はこちら

一 般 5000円
友の会 4000円
学生&ユース席 2000円(座席範囲指定)
※未就学児童の入場はご遠慮下さい。



その他のプレイガイド

京都フィルチケットセンター TEL:075-212-8744(平日10:00~19:00)