公演詳細

主催公演

YUKIO SUZUKI projects
『堆積 -Accumulations-』
テクスト引用:スベトラーナ・アレクシエービッチ著
『チェルノブイリの祈り―未来の物語』(松本妙子訳/岩波現代文庫)

ニューヨークに滞在した鈴木ユキオが偶然出会った1冊の本、
スベトラーナ・アレクシェービッチ(2015年ノーベル文学賞受賞作家)の
『チェルノブイリの祈り―未来の物語』。
それは、彼の背中を少し押した。日本にいたら、
躊躇や恐れで手を触れられなかっただろうという。

テキストとの距離、男女5名の身体が静かに近づき、遠ざかりゆがみ続ける空間。
人間の無邪気さと愚かさ、そして命のたくましさと尊さが、浮かび上がる。

淡々と紡がれる時間の中で現代を生きる実感と覚悟を描き、
話題になった『微分の堆積』(2016年東京・シアタートラム初演)を完全リメイクし、上演。

関連企画あり(鈴木ユキオ×筒井潤トーク 京都/東京) 詳細はページ下をご覧ください。

 
『チェルノブイリの祈り―未来の物語』
1948年ウクライナ生まれの作家スベトラーナ・アレクシェービッチが、1986年4月におこったチェルノブイリ原子力発電所事故をテーマに取材を重ね、1997年に発表したインタビュー集。事故によって人生を一変させられた人々の、事故の記憶やその後に続く人生、愛する人々や故郷への想いなど、一人ひとりの真実を鮮明に描いた作品。

公演情報
2017年11月25日(土)15:00 ※
◆ ◆◆11月26日(日)15:00
会場:春秋座 特設客席

【ポスト・パフォーマンス・トーク】
※11/25(土)の回 鈴木ユキオ ゲスト:佐々木敦(批評家)

振付・演出・出演:鈴木ユキオ
出演:安次嶺菜緒、堀井妙子、赤木はるか、竹内英明
舞台監督:河内崇  照明:加藤泉 サウンドデザイン:齋藤梅生

主催:京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
「微分の堆積」初演:シアタートラム(2016)
作品制作協力:世田谷パブリックシアター
協力: 豊橋市、穂の国とよはし芸術劇場PLAT

チケット情報
整理番号付自由席
友の会先行発売 2017年9月5日(火)10:00
一般発売 9月6日(水)10:00
一   般 3000円
京都芸術劇場友の会 2500円 友の会について
学生・ユース(25歳以下) 2000円
*当日券は各+500円
*各回開演10分前より整理番号順にご入場いただきます。


その他プレイガイド



 
託児サービス(要事前予約)
対象:生後6ヶ月以上7歳未満
料金:お子様1名につき1500円
申し込み期間:9/6(水)~11/17(金)17時まで
お申込み・お問合せ先:京都造形芸術大学舞台芸術研究センター(平日10-17時) TEL075-791-9437

鈴木ユキオ プロフィール
「YUKIO SUZUKI Projects」代表/振付家・ダンサー。
世界40都市を超える地域で活動を展開し、しかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスは、多くの観客を魅了している。また、室伏鴻・中村恩恵の作品出演やMV出演、ミュージシャンとの共同制作やワークショップなど、活動は多岐に渡る。‘08年にトヨタコレオグラフィーアワードで「次代を担う振付家賞(グランプリ)」を受賞。'12年フランス・パリ市立劇場「DanseElargie」では10組のファイナリストに選ばれた。www.suzu3.com/


 

 

 
関連企画
鈴木ユキオ(ダンサー・振付家)×筒井潤(劇作家・演出家・俳優)トーク
新作
『堆積』で、身体の生存への意志を結実しようとする鈴木ユキオと、『ソコナイ図』で死そのものとダイレクトに向かいあう作品を提示した筒井潤がはじめて京都と東京で対話を行います。対極から出発するようなその在り方を互いがどのように考え、言葉を交換するのか密度の濃い対話をご期待ください。(参加無料/要事前申込み)
京都:10/21(土)13:00~  ロームシアター京都 会議室1
KYOTO EXPERIMENT2017関連イベント
「今、どのあたりですか?――社会と対峙する身体」
お問合せ:京都芸術劇場チケットセンター TEL075-791-8240 (平日10-17時)
京都トーク 申し込みフォーム
東京:11/1(水)19:00~   世田谷文化生活情報センター ワークショップルーム
お問合せ:世田谷パブリックシアター TEL03-5432-1526