公演詳細

主催

公開トークシリーズ 
渡邊守章が語る 〈伝統〉は何を遺 のこしてきたのか? 第一回

第一回 “六代目革命” — 六代目尾上菊五郎

伝統芸能から先端的な実験性の高い作品まで、
演出家・ 渡邊守章が観てきた70年強に及ぶ多様なジャンルの 舞台の記憶を元に、
当時の写真や映像資料を観ながら 当時の話や芸談などを語ります。
聞き手:森山直人

2月24日(土)14:00 第二回 観世寿夫 — 能の「近代」とは何か
3月  3日(土)14:00 第三回 女形の諸相:六代目中村歌右衛門、坂東玉三郎/花柳章太郎(新派)

 



渡邊守章
演出家、フランス演劇研究者 京都造形芸術大学舞台芸術 研究センター主任研究員、東京大学名誉教授。 1933年生まれ。主な演出作 品にラシーヌ『フェードル』、ジュネ『女中たち』、ミュッセ『ロレンザッチョ』など。 2005年発行の訳書、『繻子の靴』(上・下/岩波文庫) により、毎日出版文化賞、日本翻訳文化賞、小西財団 日仏翻訳文学賞受賞。個人訳『マラルメ詩集』(2014 年)。春秋座では、2016年12月に『繻子の靴』(全 曲上演)を演出。

公演情報
2018年1月27日(土)14:00
会場:春秋座ロビー
チケット情報
全席自由
入場無料・要申込み