公演詳細

主催公演

ダンス公演『破壊の子ら』

演出家・筒井潤とダンサー4人の野望!

演出:筒井潤(dracom)
出演:倉田翠(akakilike)、野田まどか、福岡まな実、松尾恵美

 

 

ポスト・パフォーマンス・トーク決定!!
12/1(土)15:30の回 筒井潤さん(演出家) ゲスト:高橋宏幸さん(演劇批評家)
12/2(日)15:00の回 筒井潤さん(演出家) ゲスト:和田ながらさん(演出家・したため主宰)

ゲストプロフィール
高橋宏幸(たかはし・ひろゆき)
1978年岐阜県生まれ。演劇批評家。桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻 専任講師。早稲田大学、日本女子大学などで非常勤講師。世田谷パブリックシアター「舞台芸術のクリティック」、座・高円寺劇場創造アカデミー講師。俳優座カウンシルメンバー。『テアトロ』、『図書新聞』で舞台評を連載。評論に「アゴラからアゴーンへ 平田オリザの位置」、(『文藝別冊』)、「プレ・ アンダーグラウンド演劇と60年安保」(『批評研究』)「原爆演劇と原発演劇」(『述』)など。Asian Cultural Councilフェロー(2013年)、司馬遼太郎記念財団フェロー(第6回)。

和田ながら(わだ・ながら)
京都造形芸術大学芸術学部映像・舞台芸術学科卒業、同大学大学院芸術研究科修 士課程修了。2011年2月に自身のユニット「したため」を立ち上げ、京都を拠点
に演出家として活動を始める。同世代のユニットとの合同公演も積極的に企画 し、美術家や写真家など異なる領域のアーティストとも共同作業を行う。2015 年、創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.5最
優秀作品賞受賞。2018年、こまばアゴラ演出家コンクール観客賞受賞。
http://shitatame.blogspot.jp/

 
公演情報
11月30日(金)19:30
12月1日(土)15:30/19:30
12月2日(日)15:00
各回開演30分前ロビー開場 10分前より整理番号入場

ポスト・パフォーマンス・トーク決定
12/1(土)15:30の回 筒井潤さん(演出家) ゲスト:高橋宏幸さん(演劇批評家)
12/2(日)15:00の回 筒井潤さん(演出家) ゲスト:和田ながらさん(演出家・したため主宰)

 

会場:春秋座 特設客席





「〇〇の子」というのがある。代表的なものは「ええとこの子」。子に対するシニカルな表現であり、同時に親も標的にしている。一方「アホの子」は、親の存在を抜きにしても使える、差別する意図がある言い回しである。この2つに共通して言えるのは、許しのニュアンスが存在していることではないだろうか。「あれ、〇〇の子やからな」と言えば、軽蔑を目的とする発言であったとしても、その後に「しゃあない」を接続できるようになっている。「〇〇の子やから、しゃあないわ」と。見落としてはならないのは「〇〇の子」と称される対象者への許しだけでなく、発言者自身へのあらかじめの許し、軽蔑的態度に対する批判を躱すためにもこの言い回しは機能している。難は親、あるいは要因となるものにあって、その子に当たる人物に言ってるんじゃないですよ、というわけだ。

昨今のコンテンポラリー・ダンスに関する議論において、個人で活動しているダンサーは「〇〇の子」のような扱いを受けているような気がしてならない。「コンテの子」。

1519年、女奴隷として差し出され、改宗させられて征服者側についたマリンチェは、その美貌と語学力をコンキスタドールのエルナン・コルテスに気に入られて彼の妾となり、二人の間には子を授かった。だからメキシコでは、スペイン人とインディオの混血であるメスティーソは「マリンチェの子(=破壊の子)」と呼ばれ、蔑まれてきた。しかし長い時間をかけてメスティーソは自身のアイデンティについて思考を巡らせ、スペイン人としてもインディオとしてもルーツを持ち得ないゆえに自らの存在をポジティブに「マリンチェの子」と見做すようになり、マリンチェを未来の象徴と再解釈するに至った。

今作品は目新しさを目的とはしていない。ダンスの歴史に対して無神経な罪深い私の身体に、言葉の力を一切借りず、空間と重力の中の隙間にある、何故か好機と感じられる僅かな場所を探させながら創った動き。そしてそれに時間と呼吸、さらには遊戯も吹き込んで営みを見出したダンサーが、観る者に「しゃあない」と思わせるまでひたすら踊りを晒す。仕方が無さの先にある前向きな未来を獲得するために。

  筒井潤




 


京都のダンスやるね〜 東京で言われました。 え!この地域的な物言いはなんでしょう〜 でも、実際面白いのです。今回、演出の筒井さんは劇場空間に挑戦のようです。なかなか気難しい四人のダンサーの方々はハカイノコラなのでしょうか。まだわかりません。うむ、直感だけでこの企画をした私は、どきどきしながら開幕を待ちます。

山田せつ子




 

企画:山田せつ子
舞台監督:大田和司(舞台芸術研究センター)
照明:藤原康弘
音響:甲田徹
衣裳:南野詩恵
制作:富田明日香、川原美保(舞台芸術研究センター)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)l 独立行政法人日本芸術文化振興会
京都芸術センター製作支援事業

 
チケット情報
整理番号付自由席
友の会先行発売 9月25日(火)10:00
一般発売 9月26日(水)10:00


当日は各+500円
一 般 3000円
友の会 2500円
学生&ユース 2000円
*未就学児のご入場はご遠慮ください

JCDNダンスリザーブ 

 

 
託児サービス(要事前予約)
12月1日(土)15:30の回は託児サービスがご利用いただけます。
対象:生後6ヶ月以上7歳未満
料金:お子様1名につき1500円
申込み期間:9月26日(水)~11月22日(木)17時まで
予約・お問合せ 舞台芸術研究センター(平日10-17時) Tel:075-791-9207

 
関連企画
明倫ワークショップ ≪公開稽古&WS参加者との“うまくまとめない”意見交換会≫
10/19(金)16:00~17:45
本作の稽古を公開し “うまくまとまらない”感想や意見を交換します。ダンスは言葉にし難いと言われるが、それは言葉が持つ機能を制限させてしまっているから?言葉を解放させてその可能性を探求します。
講師:筒井潤
定員10名 無料・要事前申込み
会場・お申込み先:京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2/TEL 075-213-1000)

本作は京都造形芸術大学<舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点>2017年度 共同研究プロジェクト「ダンスの創造的行為をめぐって」(研究代表者 山田せつ子)として、様々な言葉と身体の対話を重ね、昨年12月の春秋座「ゆるやかに振動する思想と劇場~筒井潤と4人のダンサーによる験(ため)しごと」とする劇場実験を経て、作品制作したものです。