公演詳細

共同利用・共同研究

公募研究Ⅱ
The Waiting Grounds ――舞台芸術と劇場の現在を巡る領域横断的試み

【研究内容】岩間朝子と上崎千が2017年に東京都現代美術館リニューアル準備室で発表した「食と言葉」にまつわるレクチャー=パフォーマンス《啜る/綴る Spelling the Soup》を基に制作を行う。演出を担うのは、従来の美術の領域にとらわれない独自の省察の形式を用いて、現実と虚構を交差させつつ多層的な物語を構築する田村友一郎。ドラマトゥルクには前原拓也が加わる。

【研究代表者】中山佐代(舞台企画制作)
公演情報
【劇場実験日】2020年2月下旬