おうちでできる舞台芸術のワークショップ動画!

「演じる高校生」は高校演劇コンクール近畿大会の優秀校2校を春秋座に招待し、本格的な舞台で高校生の作品を上演する企画。京都芸術劇場 春秋座(京都芸術大学)のこけら落とし以来、毎年開催しています。その関連企画として、お家でできるワークショップ動画をお届けします。高校生はもちろん、一般の方も  “からだとあたまをうごかす” ワークショップにぜひ参加してください。

ワークショップ動画は随時追加していきます。

演じる高校生とは
http://k-pac.org/?page_id=8932

感想、質問、リクエストお待ちしております!
https://forms.gle/DSVtW3vGysLe9VGG7

 

 

 

 

 

感想、質問、リクエストお待ちしております! https://forms.gle/DSVtW3vGysLe9VGG7

 

 演技ワークショップ・メニュー

① ストレッチ⇒身体表現

② 発声練習⇒台詞表現

③ 「ドアの前でどうする?!」「ドアを開けてどうする?!」 誰、どこ、状況、目的を設定して部屋で演じる練習方法

④ コミュニケーション・エクササイズ  友達とzoomで練習する方法

 

創作ワークショップ・メニュー

⑤ 絵画から劇を作ろう!

 

講師プロフィール
平井愛子 京都芸術大学 舞台芸術学科教授/演劇トレーナー
舞台芸術研究センター主任研究員。 文学座付属研究所を経て1988年渡米。ニューヨーク大学演劇学科卒業後、 オフ・ブロードウェイやリジョナル・シアターで俳優、演出家として活動する傍ら、日米交流を目的とした舞台芸術を企画制作するStage Media Inc.を設立。また大学卒業後もメソッド演技指導の第一人者、トニー・グレコ氏に継続的に師事。メソッド演技指導法を習得する。03年帰国後は、東京都足立区・シアター1010の劇場立ち上げからプロデューサーとして参加。 07年4月より京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)・舞台芸術学科で主に演技を指導。 2015年度より舞台芸術学科長。

企画制作:京都芸術大学 舞台芸術研究センター/舞台芸術学科
協力:近畿高等学校演劇協議会