京都芸術劇場とは

京都芸術劇場(春秋座・studio21)は、2001年に京都造形芸術大学内に開設された、わが国の高等教育機関でははじめて実現した大学運営による本格的な劇場です。舞台芸術研究センターがその管理運営を担っています。
古典芸能を新世紀へと受け継ぐことはもとより、新たな創作活動を通じてさらなる表現の可能性を追求する実験と冒険の場でもあります。
舞台芸術を通じて京都における伝統と創造の姿を全国へ、そして世界へと発信します。

所在地
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学内
芸術監督
市川猿之助(2013年5月1日着任)

施設紹介

京都芸術劇場は、主に歌舞伎の上演を想定してつくられた大劇場=春秋座と、主に現代演劇・ダンスの上演を想定してつくられた小劇場=studio21という、まったくタイプの異なる二つの空間から成り立っており、伝統演劇・芸能から最先端のマルチメディア・パフォーマンスまで、現代の多様な舞台芸術(=performing arts)を幅広くカバーできる施設を誇っています。

春秋座

京都造形芸術大学で歌舞伎実技を教えていた三代目市川猿之助(現猿翁)の、大学に歌舞伎を上演できる本格的な劇場を作りたいという強い希望のもとに実現した劇場です。現在は四代目市川猿之助が芸術監督を務めています。
「春秋座」の名は、『史記』の「春秋に富む」という言葉から取られたもので、若さに溢れ将来性ある若者を、本物の舞台芸術をとおして育成したいという願いがこめられています。春秋座は、歌舞伎公演のための盆(廻り舞台)やセリ、花道などのほか、オペラ公演のためのオーケストラピットも備えています。

 

studio21

現代演劇やダンス、パフォーマンスなど、多様な舞台芸術の実験を行うための空間です。
大学主催の公演・研究会のほか、舞台芸術学科学生による公演も多数開催しています。
さまざまな公演形式にあわせられるよう移動可能な音響・照明装置、客席を備えています。