ご購入はこちら

土方巽――言葉と身体をめぐって

企画・編集

京都造形芸術大学舞台芸術研究センター

責任編集

山田せつ子・八角聡仁・森山直人

定価

1,500円(税別)

京都造形芸術大学舞台芸術研究センターでは、2009年6月から10年3月にかけて、「土方巽研究会」(全3回)を公開で開催しました。本書は、そこでの活発な議論を踏まえ、参加者が新たに書き下ろした文章を中心に編集した書物です。
舞踏だけでなく、日本の現代芸術全体に強烈なインパクトをあたえた土方巽(1928-86)の業績を、没後25年目の今、〈表現の現在〉へと接続するための新たな視角と可能性を探ります。

目次

土方さんに触りにいく―序にかえて 山田せつ子
封印された演劇 宇野邦一
「髪型」の重さ 田中弘二
舞踏譜の舞踏―土方巽の舞踏の構造あるいは作舞の方法 森下隆
土方巽・暗黒舞踏の受容と変容―21世紀の舞踏の身体のリアリティに向けて 三上賀代
「肉体」に留まることの過酷さ―土方巽の〈踊ること〉をめぐって 森山直人
土方巽の可能性、あるいは群舞の可能性 三浦基
『病める舞姫』の構造 安藤礼二
踊る文体を読む―土方巽の技法と言葉 稲田奈緒美
土方巽の書法、あるいは「文」に抗う身体 八角聡仁
『病める舞姫』試論―そして絶望的な憧憬 國吉和子
土着性とジェンダー 渡邊守章

図版構成――「舞踏譜」スクラップブックより
      「病める舞姫」加筆稿より
巻末―研究会記録 文献案内 公演年譜

A5版240ページ
発行=角川学芸出版/発売=角川グループパブリッシング

ご購入方法

ご注文は舞台芸術研究センターに直接お問い合わせください。Web KADOKAWAでもご購入いただけます。