1. HOME
  2. オープンラボ
  3. 日本芸能史「型と信仰」

2021年度後期 日本芸能史「型と信仰」

日本の古典芸能や芸道を支えてきた信仰はいわゆる宗教とは異なる。教祖、教典、信者集団の三者が完備した人為的な宗教に対して、この三者を欠く自然発生的な宇宙の生命力への崇敬が信仰である。日本の芸能・芸道が西欧の芸術と異なる特質を持つのは宗教ではなく信仰を母胎として誕生したからである。
日本人の信仰は、万物に霊魂の存在を認める信仰、アニミズムから始まった。やがて、霊魂のなかで人間の生死と深く関わりを持つ霊魂が特別に精妙な働きを持つと信じられて《カミ》の位置に昇華した。それらの神々のなかで最高の位置にあるのが大地の豊穣を象徴する地母神である。
芸能・芸道の型は、《カミ》つまり普遍的価値、宇宙の生命へ通じる通路である。型を通して、日本人は、そこに宿る《カミ》を確認するのである。

企画・コーディネーター 田口章子(京都芸術大学教授)


後期日程

19月27日総論諏訪春雄
210月4日スーパー歌舞伎杉原邦生
310月11日相撲木村庄之助
410月18日落語桂吉坊
510月25日木ノ下歌舞伎木ノ下裕一
611月1日京舞井上八千代
711月8日縄文の舞踊諏訪春雄
811月15日琉球芸能嘉数道彦
911月22日アイヌ芸能本田優子
1011月29日附け打ち山﨑徹
1112月6日狂言茂山忠三郎
1212月13日義太夫鶴澤津賀寿 竹本京之助
1312月20日白拍子植木朝子
141月17日神楽小林泰三

受講に関してのお願い

  • 一旦納入いただいた受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
  • 当講座は日時を指定した特別講義によるオムニバス授業につき、台風や交通機関の不通等によりやむを得ず休講になった場合、補講はできない場合があります。またその際の休講分の受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
  • 天候による休講や、講師の変更が生じる際は、本ホームページにてお知らせいたします。
    ※本学学生は基本オンラインでの受講です。

天災による休講措置について

  • 京都・亀岡地区内の京都市に「暴風警報」、「暴風雪警報」、「特別警報」のいずれか
  • 京都市の左京区北白川学区に「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示」のいずれか が開講当日の正午の時点で、発令中、または正午以降に発令された場合、または
  • 京都市左京区に震度4以上の地震が、当日発生した場合当日の講座は休講いたします。