春秋座

大劇場「春秋座」は、観客席・舞台ともに本格的な歌舞伎スタイルを基本としながら、現代劇などの上演にも対応できる設計が特徴です。歌舞伎のための花道、廻り舞台、鳥屋などを設置する一方で、オペラなどのためのオーケストラピットを設け、各種の舞台表現にも活用できる工夫を凝らしています。

台間口
奥行き
プロセニアム間口18m≒約10間(仮設大臣使用時8間)、
プロセニアム高さ約6m30cm(21尺)~約7m60cm(24尺)。
舞台奥行き約17m。スノコ高さ約16m。
客席数 1階531席(花道撤収時648席、オーケストラピット使用時546席)、
2階204席、立ち見席合計で950席~833席。
車椅子観覧スペースとして5区画。
主な附帯設備 廻り盆(直径45尺)、大セリ(6間×7尺)、小セリ(2間×4尺)2台。
仮設花道(スッポンセリ6尺×3尺を附設)、仮設鳥屋、宙乗り設備。
バトン63本は手引きのみ(積載300kg)。
照明・音響は各々調整室あるいは客席内仮設卓にて集中制御が可能。
楽屋2室(20名+40名)。
倉庫(兼荷とき場)10m×20m×5m、搬入口3m80cm×4m60cm。

劇場風景


舞台から客席

2階席から舞台

花道

側面