1. HOME
  2. 劇場について

劇場について

京都芸術劇場

京都芸術劇場(春秋座・studio21)は、2001年に京都造形芸術大学(現 京都芸術大学)内に開設された、わが国の高等教育機関でははじめて実現した大学運営による本格的な劇場です。舞台芸術研究センターがその管理運営を担っています。
古典芸能を新世紀へと受け継ぐことはもとより、新たな創作活動を通じてさらなる表現の可能性を追求する実験と冒険の場でもあります。
舞台芸術を通じて京都における伝統と創造の姿を全国へ、そして世界へと発信します。
京都芸術劇場は、主に歌舞伎の上演を想定してつくられた大劇場=春秋座と、主に現代演劇・ダンスの上演を想定してつくられた小劇場=studio21という、まったくタイプの異なる二つの空間から成り立っており、伝統演劇・芸能から最先端のマルチメディア・パフォーマンスまで、現代の多様な舞台芸術(=performing arts)を幅広くカバーできる施設を誇っています。

撮影:清水俊洋

春秋座

京都造形芸術大学(現 京都芸術大学)で歌舞伎実技を教えていた三代目市川猿之助(現猿翁)の、大学に歌舞伎を上演できる本格的な劇場を作りたいという強い希望のもとに実現した劇場です。現在は四代目市川猿之助が芸術監督を務めています。
「春秋座」の名は、『史記』の「春秋に富む」という言葉から取られたもので、若さに溢れ将来性ある若者を、本物の舞台芸術をとおして育成したいという願いがこめられています。春秋座は、歌舞伎公演のための盆(廻り舞台)やセリ、花道などのほか、オペラ公演のためのオーケストラピットも備えています。
大劇場「春秋座」は、観客席・舞台ともに本格的な歌舞伎スタイルを基本としながら、現代劇などの上演にも対応できる設計が特徴です。歌舞伎のための花道、廻り舞台、鳥屋などを設置する一方で、オペラなどのためのオーケストラピットを設け、各種の舞台表現にも活用できる工夫を凝らしています。

studio21

小劇場<studio21>は、現代演劇やダンス、パフォーマンスなど、さまざまな舞台芸術のための実験空間です。移動可能な照明設備や音響装置を備え、天井グリッドには機材や美術装置を自在に吊ることができます。客席用ひな壇は組替式で、スペースの縦使いや横使いも自由です。

撮影:清水俊洋

舞台芸術研究センター

京都芸術大学舞台芸術研究センターは、舞台芸術の創造過程の総体を研究対象として、乖離しがちであった「創造の現場」と「学術研究」とのより有機的な結びつきを図るべく、2001年4月に発足し、文部科学省、文化庁などの助成を受け、活動を続けています。

設立の理念

私立芸術系大学である本学は、「芸術立国」、「京都文藝復興」を建学理念とし、当研究センター(および「京都芸術劇場」)は、上記の理念を、実現するための拠点と位置づけられています。

「京都芸術劇場」の、全ての企画・運営を主体的にプロデュース

本研究センターの主任研究員は、本学教員(=アーティスト、批評家・研究者)及び学外識者から構成され、専門的な制作、技術スタッフと密接に連携しながら、プロフェッショナルな舞台作品の公演(=能・狂言、歌舞伎舞踊、落語、オペラ、現代演劇・ダンス等)、ワークショップ、研究会、出版などの主催事業を実施しています。

「大学の劇場」としての機能

下記の3つの機能を実践しています。
①教育機能: 本学舞台芸術学科をはじめとする関連諸学科・大学院と連携しながら、舞台芸術のさまざまな創造現場に携わる実践的な人材育成を行っていく。
②研究機能: 芸術系大学にふさわしい「創造」とそのための「研究」を、本研究センターの組織的な特色を活かして実践し、その成果を広く社会に還元する。
③社会貢献機能:「京都・関西圏」という地域の観客の創造・育成を通じて地域文化全体を活性化していく。

「大学の劇場」としてのミッション

下記の3つのミッションを掲げています。
①《世界》を《京都》へ:国内外の優れた舞台芸術作品を幅広い地域の観客に紹介する。
②《京都》から《世界》へ:「伝統芸能」から「現代芸術」まで、この地域が育んできた豊かな芸術文化の土壌を基盤とする新たな作品を創造・発信する。
③上記実現のために、「大学の劇場」に特有の学術的、実践的ネットワークを常に活用する。


センター所長より

実験と冒険

京都に舞台芸術研究センタ-あり!
舞台芸術研究センタ-は、近年はとみに関西だけでなく全国的に、演劇をはじめとする舞台芸術界、あるいは舞台芸術の愛好者にそう注目されるようになってきたように感じています。
わたしたちの研究センタ-は2001年の創設ですが、それは三代目市川猿之助氏(現猿翁)の設計になる本格的な歌舞伎劇場「春秋座」と劇作家・演出家だった故太田省吾氏の構想になるブラック・ボックス型小劇場のstudio21の完成と時期を同じくしています。
爾来、本研究センタ-はこの2つのわが国では他に例のない「大学の劇場」を拠点に、とりわけこの10年ほどは年に20を優に超える公演活動と舞台芸術にかかわるさまざまなシンポジウムや講演会、あるいは研究会を開催してきましたが、その結果が近年の注目度に繋がったものと思います。
その活動の軌跡は、本サイトのスケジュールページでも明らかなように、本センタ-の自主制作公演のほか、国内外の質の高い舞台の招聘、分野でいえば、日本の伝統演劇から現代の舞台芸術の最先端をゆく公演と、特定の分野にかたよっていないという特色があります。
そのような公演を舞台芸術の愛好者とその専門家、つまり一般市民、ア-ティスト、研究者に長年提供してきたのが本研究センタ-であり、このコンセプトは今後も変わることはありません。
わたしたちはそのような方針を「実験と冒険」と標榜しています。

舞台芸術研究センタ-所長
天野 文雄

共同利用・共同研究拠点

京都芸術大学「舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点」は、文部科学省「共同利用・共同研究拠点」の認定を受け、2013年度に設立された研究機関です。
本研究拠点の母体は、「京都芸術大学 舞台芸術研究センター」(以下、KPAC)です。同センターは、2001年の設立以来、文部科学省、文化庁等の各種助成を受けつつ、創造と研究が結びついた独自の研究活動を行ってきました。最大の特徴は、他の研究機関に類例のない本格的な劇場施設「京都芸術劇場」(春秋座、studio21)を有していることです。同センターでは、①具体的な舞台芸術作品の創造・発信事業を「ファクトリー機能」、②舞台芸術作品の創造を何らかの点で視野に入れた実験や研究を、〈大学の劇場〉が果たすべき「ラボラトリー機能」と位置づけています。
本研究拠点は、「京都芸術劇場」を拠点設備とし、舞台芸術の創造・研究における「ラボラトリー機能」の社会実装をミッションとしています。
本研究拠点は、そうした問題意識に基づいて設立されました。すなわち、芸術活動の根幹となる作品の「創造」と「創造」に必要なヒントやインスピレーションを与える「研究」とが、実践的に融合する「芸術系大学」の社会的使命という観点から、アーティストと研究者・批評家が共同研究チームを組み、「創造のプロセス」を構築していく場(=「ラボラトリー機能」)を広く提供することを理念としています。本研究拠点の研究施設である「京都芸術劇場」を、共同利用・共同研究の「現場」として、できるかぎり多くの人々に活用してもらうことで、日本の舞台芸術創造のより一層の発展に寄与してきました。とりわけ、協働作業に長い時間を要するとされる複数のジャンルによる領域横断的な表現形態にかんしては、本研究拠点の理念と特色がもっとも発揮されるテーマであることから、これまでも重点的に取り組んできました。
すでに終了した第Ⅰ期(2013-18年度)の研究活動における諸成果を踏まえ、第Ⅱ期(2019-24年度)においては、これまで以上に国際的なネットワークの観点を重視しつつ、さらなる研究成果を舞台芸術の創造現場に向けて発信できるよう、多角的な視点から取り組みを拡充していこうとしています。