1. HOME
  2. 公演情報
  3. 松尾スズキ×つかこうへい朗読劇「蒲田行進曲」

松尾スズキ×つかこうへい
朗読劇「蒲田行進曲」

松尾スズキの演出により、つかこうへい不朽の名作が甦る!!

10/19(土)~20(日)に京都芸術劇場 春秋座(京都芸術大学内)にて朗読劇「蒲田行進曲」を上演いたします。演出は、大人計画主宰、シアターコクーン芸術監督をつとめ、2023年に京都芸術大学舞台芸術研究センターの教授に着任した松尾スズキ。
「蒲田行進曲」は、つかこうへいの不朽の名作。映画の撮影所を舞台に、スターと大部屋俳優の奇妙な友情、そしてその間で揺れ動く女優の姿が描かれる人間味溢れる活劇。1980年に第15回紀伊國屋演劇賞を受賞。後に小説化、映画化され、小説は第86回直木賞受賞、映画は第6回日本アカデミー賞をはじめ映画界の各賞を多数受賞しました。
つかこうへい作品を松尾スズキがどう演出するのかご期待くださいませ。

松尾スズキ(演出)

1962年、福岡県生まれ。1988年に大人計画を旗揚げし、多数の作品で作・演出・出演を務める。1997年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞を受賞。2008年には映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。小説「クワイエットルームにようこそ」「老人賭博」「もう『はい』としか言えない」が芥川賞候補になるなど、作家としても活躍。2019年に上演した「命、ギガ長ス」が第71回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。2020年にBunkamuraシアターコクーンの芸術監督、2023年に京都芸術大学舞台芸術研究センター教授に就任。

 

作|
つかこうへい

演出|
松尾スズキ

出演|
少路勇介 笠松はる 上川周作 東野良平 末松萌香 松浦輝海 山川豹真

スタッフ|
演出助手:土橋淳志
舞台監督・照明・音響:株式会社ビーエーシーウエスト
宣伝美術:矢野晋作
制作統括:安藤善隆
制作:森田有紀・吉田和睦