1. HOME
  2. 公演情報
  3. 演じる高校生

大学開学30周年記念・劇場20周年記念公演
高校演劇コンクール近畿大会優秀校
第21回「春秋座」招待公演
演じる高校生

『演じる高校生』とは、高校演劇コンクール近畿大会の最優秀校2校を春秋座の本格的な舞台に招待し作品を上演する企画です。春秋座のこけら落とし以来、毎年開催し今年度で21回目を迎えます。
今年はどの高校が春秋座の舞台に立ち、どんな作品を演じるのか。どうぞご期待ください!

主催:近畿高等学校演劇協議会、京都芸術大学舞台芸術研究センター

 

 


【上演校が決定いたしました!】
◆最優秀賞/大谷高等学校(大阪)
『なんてまてき』作:水谷紗良、高杉学

風にたなびくカーテン揺れる放課後の教室。鹿毛野の目の前には、「書き下ろしの反省文」と「しかめっ面の先生」。「友人たみよとみなことの大冒険」「閉じ込められた少女Aと少女B」「突如消える天手さん」「山に響き渡る夜の女王のアリア」。鹿毛野の繰り出す「ドロドロ現代グレイファンタジー」(反省文)は次第に怪しい光を放ち、先生をも巻きこんでいく。物語(反省文)に登場する人物たちは「虫の知らせならぬ鈴の音」に導かれて、走り出す。交錯する記憶の中、鹿毛野がたどり着いた先に見たものとは・・・
_

_
◆最優秀賞/兵庫県立伊丹高等学校
『晴れの日、曇り通り雨』作:古賀はなを

大地讃頌の歌声。校舎の裏の花壇。その場所は彼女だけの居場所、のはずだった。愛は土をほぐし、真っ直ぐな思いは強い根を作る。はじめましてが作り出す時間はきっといつかの宝物。思いは思い出になり、思い出は思いを作り出す。「明日はどうなるとて、今日はたしかにあった。」
_

 


【関連企画①】
発声法や演技をプロから学ぼう!
高校生のための演技ワークショップ

自然体で生き生きと演じる自分自身を発見するために、欧米で広く普及している演技の発声法や、演技メソッドを体験するワークショップです。
『「演じる」とは何か?』
ワークショップを受けて自分の知らなかった自分を見つけてみよう!!

申込フォームはこちら(受付終了しました)

【日程】 2022年1月30日(日)10:45~12:45(予定)
【会場】 京都芸術大学内
【対象】 高校生 ※顧問教諭の見学可
【料金】 無料(「演じる高校生」チケットをご購入のうえ、事前にお申し込みください)
【定員】 35名(先着順)※できるだけ多くの学校に参加していただくため、1校あたり4名までのお申込みとさせていただきます。
【申し込み締切日】 2022年1月14日(金)
【講師】平井愛子(京都芸術大学 舞台芸術学科教授/演劇トレーナー)、坂川慶成(俳優・演技トレーナー)

※受付期間中でも定員に達し次第、受付を終了いたします。例年、締切日以前に定員まで達しています。ご希望の方はできるだけお早めにお申し込み下さい。
※ワークショップは2クラスに分かれて同じ内容を行いますが、担当講師は選べません。

平井愛子(京都芸術大学 舞台芸術学科教授/演劇トレーナー)

文学座付属研究所を経て1988年渡米。ニューヨーク大学演劇学科卒業後、オフ・ブロードウェイやリジョナル・シアターで俳優、演出家として活動する傍ら、日米交流を目的とした舞台芸術を企画制作するStage Media Inc.を設立。また大学卒業後もメソッド演技指導の第一人者、トニー・グレコ氏に継続的に師事。メソッド演技指導法を習得する。03年帰国後は、東京都足立区・シアター1010の劇場立ち上げからプロデューサーとして参加。07年4月より京都芸術大学・舞台芸術学科で主に演技を指導。2015年度より舞台芸術学科長。
_

_

坂川慶成(俳優/演技トレーナー)

2008年から2015年までの7年間にメソッド演技法、マイズナーテクニック、アレクサンダーテクニークなどの様々な方法で演技のアプローチを、京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)と新国立劇場演劇研修所にて学ぶ。その後、栗山民也氏、宮田慶子氏などの演出家の作品に出演。現在は、芸能事務所アニマ・エージェンシーに所属し、舞台を始め、テレビ、映画、ラジオドラマなどに出演しながら、関西を拠点に演技教育を行っている。
_

 

_
【関連企画②】
アフタートーク

⾼校演劇コンクール近畿⼤会優秀校2校による上演後に、京都芸術⼤学(旧京都造形芸術⼤学)出⾝で、 俳優・演技トレーナーとして活躍する坂川慶成さんによるアフタートークを開催します。
当⽇上演する2作品の感想はもちろん、役づくりのアドバイスやアプローチの仕⽅についてお話いただきます!

 

本公演の感染症防止チェックリストはこちら


公演アーカイブ

公演パンフレット(PDF)ダウンロード


舞台写真
撮影:東 千尋(京都芸術大学 美術工芸学科)

大谷高等学校(大阪)
『なんてまてき』作:水谷紗良、高杉学

兵庫県立伊丹高等学校
『晴れの日、曇り通り雨』作:古賀はなを

アフタートーク
出演:坂川慶成(俳優/演技トレーナー)