1. HOME
  2. 公演情報
  3. マームとジプシー『cocoon』

マームとジプシー『cocoon』

現在って未来を、過去のひとたちは想像していたのだろうか。

2013年夏、演劇作家・藤田貴大率いるマームとジプシーは漫画家・今日マチ子「cocoon」を原作に、沖縄戦に動員される少女たちに着想を得て、作品を製作、発表。少女たちの賑やかな日常が戦争によって否応なしに死と隣り合わせの日々へと変わっていく様子を、切実さを持って描きました。
本作で沖縄という土地に出会った藤田は、その後も頻繁に沖縄へ足を運び、「今」という時間を見つめて作業を續(つづ)けています。そしてこの夏、現代の沖縄に流れる時間から得た藤田自身の体感を取り入れ、新たに本作に取り組みます。

原作:今日マチ子(「cocoon」秋田書店)
作・演出:藤田貴大(マームとジプシー)
音楽:原田郁子

【一般公開オンラインレクチャー】
マームとジプシー『cocoon』をつくる~舞台に立ち上げる
詳細はこちら

 

 

公演に寄せて

いつだってずっと、もう何年も。どこか内側に在るシーンというシーンは、眼裏で目まぐるしくリフレインしている。最速のスピードを持って、脳内を駆けめぐる。
あの季節の、あの湿度のなかを走りつづけている。もしくは、歩いている。校舎のなかを。休み時間、教室から教室へ。廊下を、歩いている。なんともない日々の眺め。しかし、その平穏さが一変する瞬間。いつのまにか忍びよっていた影に気づかずに、ある瞬間。いとも簡単に内側は壊されて、破裂した。
わたしたちは、終わることのない”cocoon”のなかを生きている。生きるしかない。
どういう音のなかで。どんな感触を持って。わたしたちは歩くだろう。走るだろう。旅にでたわたしたちは、どこでだれと出会って。なにを想うだろう。出会っただれかのなにかに、触れることはできるだろうか。
現在、変わることのなかったこの世界を生きて。あのあとの、そのあとの世界をどうして生きるのかという問いに抗いながら、でもやはり生きて。なにを想像するだろう。
もうとっくに内側は、空想の繭は破裂している。外に放り出されて、ただ立ち尽くして。なにを見つめて。耳を澄ませて。想像するか。
歩いて、そして走る。届くはずのない足音がここまで届いている気がするから。

2022.4.25    藤田貴大

 

2年間の作業の様子をWEBで公開中
2020年夏、全6都市を巡るツアーの開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点より全都市の公演を中止いたしました。そこから約2年、今年の上演に向けて作業を続けてきました。その断片をcocoon works として公演特設サイトで公開しています。
「cocoon」公演特設WEBサイト

cocoon works 1
今日マチ子のイラストやオーディション風景のスケッチ、原田郁子による音楽・イラストが添えられた「とぅまぁでぃ」の歌詞、ライター橋本倫史によるマームとジプシー『cocoon』を再訪する、藤田貴大の言葉を掲載しています。

cocoon works 2
出演者の「海」に纏わる記憶を藤田がテキスト化。出演者の朗読に原田郁子が音・音楽をつけた映像作品を発表しました。また、藤田のテキストをもとに、今日マチ子がそれぞれのイラストを描きました。

cocoon log
ライター・橋本倫史が2020年7月からのcocoon worksの様子を「cocoon log」として丁寧に綴っています。藤田や出演者、スタッフそれぞれが、どのように作業を重ねてきたか、こちらもぜひご覧ください。

 

【キャスト&スタッフ】
出演: 
青柳いづみ 菊池明明 小泉まき
大田優希 荻原綾 小石川桃子 
佐藤桃子 猿渡遥 須藤日奈子
高田静流 中島有紀乃 仲宗根葵
中村夏子 成田亜佑美

石井亮介 内田健司 尾野島慎太朗

衣装:suzuki takayuki
照明:南香織(LICHT-ER)
音響:田鹿充
サウンドエンジニア:東岳志
映像:召田実子
ヘアメイク:池田慎二(Team Ikeda)
舞台監督:森山香緒梨 熊木進
宣伝美術:川名潤
宣伝イラスト:今日マチ子

企画制作:合同会社マームとジプシー
主催:京都芸術大学舞台芸術研究センター
後援:京都市教育委員会

 

【プロフィール】
今日マチ子 Machiko KYO
東京都出身。東京藝術大学、セツ・モードセミナー卒。自身のブログで、ほぼ毎日更新している1ページのショートマンガ『センネン画報』が単行本化され注目を集める。2005年に第1回「ほぼ日マンガ大賞」入選。2006年と2007年に『センネン画報』が文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」に2年連続で選出。2010年に『cocoon』、2013年に『アノネ、』がそれぞれ、文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」に選出。2014年に『みつあみの神様』で手塚治虫文化賞新生賞、2015年に『いちご戦争』で 日本漫画家協会賞大賞(カーツーン部門)を受賞。その他の作品に『みかこさん』『みつあみの神様』『ぱらいそ』『百人一首ノート』『夜の大人、朝の子ども』『Distance わたしの#stayhome日記』など多数。 

藤田貴大 Takahiro FUJITA
マームとジプシー主宰/演劇作家。1985年生まれ。北海道伊達市出身。2007年、演劇ユニット「マームとジプシー」を旗揚げ。以降全作品の作・演出を担当。2011年6月~8月にかけて発表した三連作「かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。」で第56回岸田國士戯曲賞受賞。13年、15年に太平洋戦争末期の沖縄戦に動員された少女たちに着想を得て創作された今日マチ子の漫画「cocoon」を舞台化。同作で16年、第23回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。著書に『おんなのこはもりのなか』、『Kと真夜中のほとりで』、『mina-mo-no-gram』(今日マチ子との共著)『蜷川幸雄と「蜷の綿」』(蜷川幸雄と共著)他。20年7月初の小説集「 季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛」(河出書房新社) を上梓。http://mum-gypsy.com

原田郁子 Ikuko HARADA
1975年福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド『クラムボン』を結成。歌と鍵盤を担当。1999年にシングル「はなれ ばなれ」でメジャーデビュー。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンとの共演、共作、ソロ活動も精力的に行っており、舞台音楽、CM歌唱も多数ある。これまでにソロアルバム「ピアノ」(2004年)、「気配と余韻」「ケモノと魔法」「銀河」(2008年)を発表。2010年、吉祥寺の多目的スペース&カフェ『キチム』の立ち上げに携わる。2013年より劇団『マームとジプシー』の舞台「cocoon」、「めにみえない みみにしたい」、「かがみ まど とびら」の音楽を担当。2020年11月公開映画『青い、森』の主題歌を担当。2021年6月、新曲「アップライトピアノ」をYouTube「キチム – kichimu」チャンネルで映像公開。10月には寺尾紗穂との共作「傘の向こう」を配信リリースした。 クラムボン http://www.clammbon.com/


【KPAC(京都芸術大学 舞台芸術研究センター)レクチャー・ワークショップシリーズ】

一般公開オンラインレクチャー
マームとジプシー『cocoon』をつくる~舞台に立ち上げる

講 師:藤田貴大(演劇作家/マームとジプシー主宰)
聞き手:井出亮(京都芸術大学舞台芸術研究センター プロデューサー)

日時:2022年7月14日(木)17:00~(1時間程度)

 

※7/31(日)まで公開中

会場:オンライン(Zoomウェビナー1000)
参加費:無料
申込方法:下記フォームよりお申し込みください。(終了しました)
https://forms.gle/DeJfemKSYaa8W8P79

いま最も注目を集める演劇カンパニー、マームとジプシーによる今日マチ子原作のマンガ『cocoon』の舞台化作品(新演出)。全国9か所の劇場をツアーします。
7/30(土)・31(日)には京都芸術大学内にある京都芸術劇場 春秋座での上演を控えています。

その活動の中心を担っている演劇作家・藤田貴大さんをお迎えし、『cocoon』との出会い、原作者の今日マチ子さんを始めとした作品創作に関わる様々な人々との協働作業、今回の上演の製作プロセス、などをじっくり聞きます。

●学生からの質問コーナーあり!
舞台芸術学科の学生が『cocoon』の広報を中心として劇場運営に取り組んでいます。
その学生たちが、「いま」藤田さんにききたい質問を投げかけます。

本公演の感染症対策チェックリストはこちら