1. HOME
  2. オープンラボ
  3. 2021年度テーマⅠ|老いを巡るダンスドラマトゥルギー 

共同利用・共同研究拠点2021年度劇場実験型プロジェクトテーマ研究Ⅰ 2021年度テーマⅠ|老いを巡るダンスドラマトゥルギー 

2021年度は、<老い>と踊りという研究テーマに即した、パフォーマティヴなプレゼンテーションのあり方を探していきます。これは、昨年度までの<老い>と踊りの研究を踏まえ、研究としての作品を作る試みです。日本やアジアの舞台芸術の特性を生かした、語りと身体の動きが「老い」という点で融合するレクチャー・パフォーマンスの形式に、昇華するかもしれません。北京からメンファン・ワンさんを迎えて、メンバーとの集団創作の方法を模索しながら、年度末には発表報告を行う予定です。

◆2020年度の研究報告ページは こちら

【研究会メンバー】
中島那奈子(研究代表者、ダンス研究・ダンスドラマトゥルク)
天野たま(学び場 たまこや主催)
児玉北斗(芸術文化観光専門職大学 講師)
高林白牛口二(能楽師シテ方喜多流)
中山佐代(舞台企画制作)
平井優子(ダンサー/演出振付家)
森山直人(演劇批評家/京都芸術大学舞台芸術研究センター主任研究員)
山田せつ子(ダンサー/コレオグラファー/京都芸術大学舞台芸術研究センター主任研究員)
メンファン・ワン(演出家・振付家)

大学開学30周年記念・劇場20周年記念企画