1. HOME
  2. 読みもの
  3. 機関誌『舞台芸術』12文化と抵抗―他者へのまなざしの発明

機関誌『舞台芸術』12
文化と抵抗―他者へのまなざしの発明

うたうということのそぐわなさについて 港大尋
今日の世界は演劇によって思考しうるか
―『アトミック・サバイバー』の試み 阿部初美
ハロルド・ピンターと政治劇
 田尻芳樹
差異の空間としてのアジア
―「同時代のダンス」の新たな展開に向けて 武藤大祐

戯曲 作=ファディ・トゥフィーク+ラビア・ムルエ 訳=鵜戸聡
 
これがぜんぶエイプリルフールだったなら、とナンシーは』

ラビア・ムルエ、あるいは笑いの詩学 鵜戸聡
悲劇という物語の制度に抗って
―ラビア・ムルエ『これがぜんぶエイプリルフールだったなら、とナンシーは』の策略 藤原敏史
分断と共感 ―東京国際芸術祭「中東シリーズ」を振り返って 森山直人
アイロニーのふたつの顔 ―『コーランに倣いて』をマッピングする 鴻英良
演出家の視線―イルホム劇場『コーランに倣いて』 マルク・ヴァイル 訳=鴻英良
ナショナリズムと帝国支配を超えて ―イルホム劇場『コーランに倣いて』のなかのプーシキン 貝澤哉
組み換え演劇とデジタルな抵抗 クリティカル・アート・アンサンブル 訳=小田透・内野儀
ヴァーチャルに行く ―クリティカル・アート・アンサンブルのポリティクス 内野儀
或る音楽の起源 ―「コンサート・ジェネシス」の発想 木戸敏郎

 

小特集 
上方ルネサンス
シンポジウム 元禄上方和事復元の道
坂田藤十郎/茂山忠三郎/山村若/諏訪春雄/田口章子
上方なるものに関する断章―ゲニウスロキとしての上方 小林昌廣
東京発、劇場経由、極北行き―シベリア少女鉄道と演劇の行方
 小澤英実
認識ツールとしての舞台―寺田みさことヤン・ロワースの場合 稲倉達
ニューヨークと私 川村毅

追悼 観世榮夫
越境する伝統1  観世榮夫氏を悼む― 渡邊守章
なつかしい風格―観世榮夫さんを悼む 芳賀徹
追悼 川村毅
観世先生へ。 司辻有香
〈新しくないもの〉を学ぶということ 杉原邦生

追悼 太田省吾
希望について 八角聡仁
羽化 山田せつ子
太田省吾のために―未来へ 内野儀
あとかた 増田美佳