1. HOME
  2. 公演情報
  3. 日本芸能史「大地母神信仰と芸能・芸道」

京都芸術大学 2024年度 公開連続講座 日本芸能史「大地母神信仰と芸能・芸道」

日本は、女神信仰に起源を持つ女性の霊性が守ってきた国である。女神信仰は、大地や海に依存して生きてきた人類が普遍的に育ててきた信仰の表現であった。日本の芸能も芸道もこの女神の祭りから誕生した。芸能が神を迎えた巫の身体所作が人間のための娯楽化を強めていったものとすれば、芸道は神を迎えるための人工物の依代を作る技術が人間の生の充実に向けて洗練されていったものである。
神は、本来目には見えない万物の霊魂のなかで、人間に幸福をもたらす存在である。日本人の神の認識は、霊魂の認識より遡るが、霊魂の認識によって神も動くようになった。この段階で神を招くための祭りを催すシャーマンが誕生した。シャーマンの演じる神を可視化する所作から神の芸能が誕生し、神の止まる座(依代)から芸道が生まれた。
 大地母神に代表される女神信仰が男神中心の新しい信仰にとって代わられる現象は世界的規模でみられる。しかし、日本人は地母への信仰をそのままに保存してきた稀有の民族である。この精神はグローバリズムが叫ばれる現代においてこそふりかえられなければならない。

企画・コーディネーター 田口章子 (京都芸術大学教授)


前期 前半(全7回) 会場:春秋座

14月15日神・祭り・芸能・芸道の誕生諏訪春雄
24月22日淡路人形淡路人形座
34月29日華道池坊専好
45月13日日本舞踊藤間勘十郎
55月20日沖縄芝居金城真次
65月27日落語桂吉坊
76月3日壬生大念佛狂言壬生大念佛講 

前期 後半(全7回) 会場:京都芸術大学内 教室

16月17日日本人の水と火の記憶 諏訪春雄
26月24日演劇やなぎみわ
37月1日木ノ下歌舞伎木ノ下裕一
47月8日大道具中田節
57月15日天野文雄
67月22日衣裳ひびのこづえ
77月29日常磐津常磐津都㐂蔵・都史

後期(全14回) 会場:春秋座

19月23日祭りと性諏訪春雄
29月30日狂言茂山忠三郎
310月7日幇間悠玄亭玉八
410月21日上方舞山村友五郎
(聞き手 田口章子)
510月28日宝塚歌劇植田紳爾
611月11日アイヌ芸能千葉伸彦
711月18日歌舞伎田口章子
811月25日芸能・芸道と女性 諏訪春雄
912月2日宝塚歌劇榛名由梨
(聞き手 玉岡かおる)
1012月9日義太夫鶴澤津賀寿・竹本京之助
1112月16日京舞井上八千代
(聞き手 田口章子)
1212月23日琵琶奥村旭翠
(聞き手 田口章子)
131月20日新内新内志賀
141月27日講談宝井琴桜

受講に関してのお願い
一旦納入いただいた受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
当講座は日時を指定した特別講義によるオムニバス授業につき、台風や交通機関の不通等によりやむを得ず休講になった場合、補講はできない場合があります。またその際の休講分の受講料は返還いたしかねますので、予めご了承ください。
天候による休講や、講師の変更が生じる際は、京都芸術劇場ホームページにてお知らせいたします。
講義開催の有無が不明な場合は、京都芸術劇場チケットセンター(TEL075-791-8240)または舞台芸術研究センター(TEL075-791-9437)へお問い合せ下さい。

天災による休講措置について
◎京都・亀岡地区内の京都市に「暴風警報」、「暴風雪警報」、「特別警報」のいずれか
◎京都市の左京区北白川学区に「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示」のいずれか 
が開講当日の正午の時点で、発令中、または正午以降に発令された場合、または
◎京都市左京区に震度4以上の地震が、当日発生した場合、
当日の講座は休講いたします。